SEO対策向けのレンタルサーバー比較
HOME > SEO対策向け

SEO対策向けのレンタルサーバー比較

SEO対策をするのに最適なレンタルサーバーの比較情報です。
マルチドメイン対応で複数のサイトを設定できるものやIPアドレス分散ができるタイプを選択するとよいでしょう。

  • お手伝いさん
  • IQサーバー
  • 若葉

SEO対策用にホームページを作成する場合、被リンクサイトの構築が重要な要素となります。
けれども、同一IPアドレスのサーバーからの被リンクは2つまでしかカウントされないため、それぞれのサイトを別々のサーバーで運営しないと検索エンジンに認識される被リンクが減少してしまい、あまり効果的ではありません。

一般的には、CクラスでのIPアドレス分散ということがいわれていますが、できるだけ、IPアドレスの異なる複数のサーバー契約ができるところを選ぶようにするとよいでしょう。

ひとつのIPアドレス当たりのコストを考え、格安なサーバーを複数レンタルするか、あるいは一契約で複数のIPアドレスが利用できるものを選ぶとよいでしょう。

後者の場合はIP分散サーバーといわれていますが、複数のIPアドレスを利用できる分、最低限の容量とスペックしか確保されていないケースが多いですので、メインサイトとして構築するには避けた方がぶなんです。

国内サーバーと海外サーバー

海外よりも国内サーバーの方が効果がありますが、それ以外の要素の影響が大きいので、地域性についてはほとんど気にする必要はありません。
ただ、海外の中古ドメインを使用する場合、被リンク元がすべて英語の海外サイトばかりになりますので、国内サーバーの割合をある程度は増やした方がよいでしょう。

①コンテンツが日本語で書かれていること
②ドメインの地域性(JPドメインや日本語ドメイン)
③被リンクサイトの地域性(日本語コンテンツやサーバーの地域性)

できれば、JPドメインや日本語ドメインにリニューアルするなどして、日本のサイトであることを明確に主張しておくことをおすすめします。