HOME > 初心者向け

初心者向けの簡単レンタルサーバー比較

ホームページ作成の初心者に最適なレンタルサーバーの比較情報。
マニュアルやユーザーサポートが充実しており、直感的に操作できるホスティングサービスがおすすめです。Pleskなどの海外製の管理ソフトを導入しているものよりも、自社で日本人向けに用意しているのが最適です。

ただ、ホームページの作成自体に関しては、基本的にレンタルサーバーのよしあしよりも、利用する作成ツールの影響の方が大きいです。

~ 作成方法の2種類 ~

①パソコン上でサイトを完成させてからFTP接続によるファイルのアップロード
 これは、パソコンにホームページ作成ソフトをインストールしたり、あるいは単にメモ帳やテキストエディタなどを使用して、PC上でサイトを作成して転送する方法です。
(例:ドリームウィーバーやホームページビルダー、あるいはメモ帳など)

②ウェブ上でファイルを直接作成したり、あるいは書き換えることによる作成方法
 レンタルサーバー側にソフトをインストールしたり、あるいはあらかじめ用意されているツールを使用して、ネット上で直接的に作成する方法。
(WordPressやMovable TypeなどのCMSや無料ブログなど)

HTMLやCSSに不慣れな場合は、CMSなどのコンテンツ管理ツールをサーバーに導入して作るのが便利です。この場合、CMSの自動インストールに対応しているレンタルサーバーを利用すると比較的簡単に利用することができます。

ただ、CMS自体はカスタマイズが難しいですので、テンプレートを選んで記入するだけの独自のツールを開発しているタイプのサーバーを選択するのがベストといえます。

レンタルサーバー側で簡単に作成できるツールを用意している会社もありますので、自分にあったホームページ作成サービスを利用するようにしましょう。

また、そのような作成ツールを利用しない場合でも、HTMLやCSSをウェブ上で直接打ち込んでサイトを作成する際など、ファイルマネージャーの画面の大きい方が作業のしやすい傾向にあります。